どんぐり源さん

まちふく124東久邇宮記念賞

  • まちふくの職業訓練士、どんぐり源さんこと平賀国雄。1929年8月8日生まれ。
  • 2013年4月18日、町のノーベル賞といわれる「東久邇宮記念賞」を受賞。                今回どんぐり源さんの受賞はどんぐり文化を提唱した事を認められての事である。            (東久邇宮記念賞とは・・・終戦処理時に総理大臣を努めた東久邇宮稔彦王の願い、ノーベル賞を取るのも大事だが、町の数多くの発明を大事にするべきであるとの思いで名前の使用、基金に私財の提供で設定されたもので、その意志を継承した記念会がその後、40年に亘り数多くの受賞者を輩出した。)
  • 好きな事・・・無趣味な私の好きな事といえば、新しい物を創造する開発でしょうか。特にあまり活用されていない物を有効利用する事には夢中になります。どんぐりの食用化もその一環でしょうか。
  • 好きな言葉・・・「縄文の心・どんぐりの心」ですね。 今をさる1万数千年前、私たちの遠祖、縄文人は自由の恵みを十二分に享受しながら、人を愛し、自然を愛し、文化・文明を愛して、生活していました どんぐりを食べる事がその心につながると思います。
  • どんぐりとの出会い・・・40歳頃、有吉佐和子の「複合汚染」等を読み、環境・健康がいちじるしく阻害されている事を知りました。それで定年をまたずに勤めを辞めて、自由時間のとれる運送業を始め、無農薬野菜の栽培や二酸化炭素吸収に効果のある「ケナフ」の栽培などを神奈川大学と提携してすすめてゆく中で、どんぐりの活用にいきついた。 美味、健康と美容に良いどんぐりの活用に今後も取り組んで参りたいです。

源さんhp
 どんぐり源さんのブログ